こえ部LIVEは、去年の5月にリリースして以来、パソコンとマイク、ヘッドホンさえあれば誰でも簡単に1人?多人数の音声生放送ができるサービスとして、多くの方に使っていただいています。

こえ部LIVEの従来の方法では、音声データは、放送するユーザーからサーバを介して聞いているユーザーに届きます。
すべての音声データがサーバを通るため、サーバの帯域を消費します。

FlashPlayer10に追加されたP2P機能を使用すると、サーバを介さずに、ブラウザで動くFlashPlayer同士が直接接続し音声データをやり取りすることで、サーバの帯域を消費せずに生放送を楽しむことができます。
この場合、放送するユーザーの帯域を消費することになりますが、接続できなかった場合には、従来どおりのサーバを経由する方式にフォールバックします。

新こえ部LIVEは、現在こえ部LIVEのチャンネル0?10でお試しいただけます!