博報堂季刊誌『広告』の「日本の発想力を刺激するスマッシュコンテンツを作ろう!」というコーナーにて、 BM11メンバー玉田瀬尾がアイディア創造サービス「おもいついったー」を提案しました。